【画像で解説】Binanceの登録〜セキュリティ認証までを完全ナビ

BINANCE

Binanceの登録ってどんな感じの流れだろう?難しくないのかな?

こんな疑問を解決していきます。

まず結論ですが、Binanceの口座開設は3分ほどあれば余裕で終わります。

Binanceの口座開設の流れ
  • メールアドレス設定
  • パスワード設定
  • メール認証をしてログイン

上記のように登録完了までがめちゃくちゃ早いんですよね。

それよりも、登録後の「本人確認」や「セキュリティ設定」のほうが時間がかかると思っていてください。

この記事では、Binanceの登録〜セキュリティ設定まで画像付きで解説するので、初めてでもスムーズに口座開設ができますよ。

ワクト

それではまずBinanceの登録からスタートです。

BybitとBinanceを比較しましたか?
  • 取扱通貨が多いのは?
  • どっちが使いやすいかな?
  • 手数料が安いのはどっち?

>> BybitとBinanceを比較する

Check
記事の目次

Binance(バイナンス)の口座開設・登録手順〜本人確認

BINANCEの口座開設・登録手順〜本人確認

ここから実際に登録を始めます。口座開設はすぐ終わるので、そのまま本人確認まで進めていきましょう。

本人確認に必要な書類
  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード

上記のどれか1点を準備しておいてください。本人確認のときに撮影をするので、今は手元に用意しておくだけでOKです。

PCとスマホ、どちらでも手順は一緒ですが、本人確認のときだけはスマホがおすすめ。PCで進める場合でもスマホは準備しておきましょう。

ワクト

PCで進めていても、途中でスマホに切り替えられるので心配無用です。

\ 当ブログからの登録で特典あり /

現物取引の手数料が10%OFFになります

メールアドレス・パスワード登録

BINANCE 紹介コード

ちょっと宣伝です。当ブログからの申し込みは上記の画面からのスタートになります。

こちらから申し込めば、現物取引の手数料が10%OFFになるのでぜひ使ってください。

ネタバレすると、僕からの紹介コードですね。お互いにメリットがあるBinanceのキャンペーンなので、怪しいものではありません。

ワクト

詳しくはBinanceに登録してから「招待」という項目があるので、そこをチェックしてください。

BINANCE 登録

ここからはBinanceのトップページから登録する手順ですね。

紹介コードから登録しても一緒の流れになるので、このまま進めていきます。

「今すぐ登録」をクリックしましょう。

居住地の確認

居住地の確認ですね。日本が選択されているはずなので、そのまま「承認」をクリック。

メールアドレス・パスワードの登録

ここでメールアドレスの登録とパスワードの設定です。

パスワードはアプリにログインするときにも必要なので、必ず紙などにメモしておきましょう。

入力が終わったら「アカウント作成」をクリック。

スライド パズル

セキュリティ認証のパズルが出てくるので、矢印をスライドさせて完成させましょう。

メール認証

上記の画面になると、登録したメールアドレスに「認証コード」が記載されたメッセージが届きます。

メール 認証コード

上記のメールですね。

さっきの画面に、メールに記載された認証コードを入力すると、登録が完了します。

【スマホ推奨】ログインして本人確認を済ませる

先にちょっと本人確認について、簡単に説明しておきます。まずBinanceでは、本人確認が必須項目になりました。

Binanceでは本人確認が完了しないと、仮想通貨を購入できないので必ず済ませておきましょう。

また、本人確認には2種類あります。

内容認証認証プラス
フィアット入金&出金制限5万ドル / 日$20万ドル / 日
仮想通貨の入金制限無制限無制限
仮想通貨の出金制限100 BTC / 日100 BTC / 日
P2P取引(個人売買)無制限無制限
必要な書類・方法・身分証のアップロード
・顔認証
住所確認書類のアップロード

なんかよくわからないって人は、通常の認証だけ設定しておけば問題ありません。

ワクト

認証プラスを設定するかは、1日に5万ドル以上の入金をするかどうか。

それでは先に進みます。

ここから解説するのは、身分証のアップロード・顔認証が必要な通常の認証です。

本人確認は4ステップで完了
  1. Binanceの認証ページに進む
  2. 個人情報の入力
  3. スマホに切り替えて本人確認
  4. PCに戻って完了ボタンをクリック

Binanceの認証ページに進む

バイナンス ログイン

上記は登録後の画面になります。画面右上にある「登録」をクリックしてください。

居住国の確認

またまた居住国の確認ですね。OKを選択して先に進みます。

本人確認 始める

認証のほうにある「今すぐにはじめる」をクリックしてください。

ちなみに「認証プラス」を設定するにしても、まずはこちらの認証を完了させる必要があります。

個人情報の入力

名前と生年月日
入力する内容
  • 国籍
  • 名前
  • 生年月日

名前や生年月日の入力ですね。上記を入力して「はい」をクリックしましょう。

住所入力
入力する内容
  • 居住住所:地名や番地
  • 郵便番号:番号を入力
  • :都道府県と市(区)

ぶっちゃけ正しい書き方は知らないんですが、上記で問題ありませんでした。

入力したら「はい」を選択。

提出する身分証を選んで「はい」をクリックします。

ワクト

PCで進めている人は、このあとスマホに切り替えるので適当でOKです。

スマホに切り替えて本人確認

スマホに切り替え

ここでスマホに切り替えていきます。

ちょっとわかりにくいですが、右下の部分をクリックしてください。

上記のQRコードを読み込むと、アプリのダウンロード画面にいきます。

もしスマホのカメラにQRコードの読み込み機能がない人は、LINEの「友達追加」にあるQRコード読み込み機能を使えばOKです。

⬇︎こちらでもダウンロードできます

Binance - 仮想通貨取引アプリ

Binance – 仮想通貨取引

Binance LTD無料posted withアプリーチ

ここから一旦アプリでの操作になりますが、PC画面はそのままにしておいてください。

スマホで本人確認が終わったら、PCのほうに戻ってきますので。

アプリを開く

アプリのインストールが完了したら、上記の画面になるので「→」をタップして進みましょう。

ログイン画面

ここで最初に登録した「メールアドレスとパスワード」を入力してログインしてください。

アプリトップ

アプリのトップページから左上にある「人型マーク」を選ぶと設定画面に移動します。

Unverifled

画面右上にある「Unverifled(未確認)」をタップします。

画面下の「今すぐにはじめる」をタップしてください。

本人確認書類

ここで身分証の選択です。どれでもOKなので、好きなものを選んでください。

今回は運転免許証で進めていきますね。選択したら「はい」をタップ。

身分証のアップロード

「写真をアップロードする」を選んだらスマホのカメラが起動するので、そのまま身分証を撮影してください。

運転免許証の場合は「オモテ」と「ウラ」の2枚アップロードします。

完了したら「はい」をタップ。

自撮り

次はセルフィー撮影(自撮り)になります。注意事項に従い、見切れやボケがないように撮影します。

アップロードしたら「はい」をタップして次に進みましょう。

認証開始

ここでスマホでの操作は最後になります。「認証開始」をタップして完了してください。

ワクト

ここでPCに戻ります。

PCに戻って完了ボタンをクリック

PCに戻って完了ボタンをクリック

PCに戻ってきたら「モバイルでこれを完了しました」をクリックしましょう。

アカウント確認

上記の画面になればOK。これで本人確認が完了しました。

この時点で仮想通貨の取引ができる状態になっています。

本人確認完了

5分ほどしたら「審査中」の表示が「完了」に変わりました。

ワクト

次はセキュリティ設定をしていきましょう。

STEP
STEP

Binanceの登録が完了したらセキュリティ認証を設定しよう

BINANCEの登録が完了したらセキュリティ認証を設定しよう

Binanceは、本人確認さえ終われば取引ができますが、セキュリティ設定はしておきましょう。

次の4つは、もはや必須ですね。

やっておくべきセキュリティ設定
  • 電話番号認証
  • Google認証
  • フィッシング対策コード
  • 出金ホワイトリストの有効化

「ここまで徹底する必要あるの?」と思うかもしれませんが、仮想通貨を守るためにはやり過ぎはないんですよ。

設定でやれることはやっておきましょう。

セキュリティ設定

各セキュリティ設定は「人型マーク」→「セキュリティ」の順に進めば設定できます。

電話番号認証(SMS認証)

電話番号認証

Binanceのセキュリティ設定ページに進み「電話番号認証」を有効化します。

電話番号の入力
電話番号認証の手順
  1. 携帯番号を入力する
  2. SMSの認証コードを入力
  3. メールの認証コードを入力
  4. 「提出」をクリック

電話番号認証を設定するには、①SMS認証と②メール認証、2つの認証コードを入力しないといけません。

2つの認証コードを入力したら「提出」をクリックして完了です。

電話番号認証(SMS認証) 完了

上記の画面になったらOKですね。

ワクト

このまま他の設定も進めていきましょう。

Google認証(アプリを使用)

Google認証(アプリを使用)

Google認証を設定していきます。日本の取引所でも採用されている方法ですね。

Google認証アプリのダウンロード

まずはGoogle認証アプリのダウンロード。

QRコードを読み込んでスマホにインストールしてください。

⬇︎こちらからもダウンロードできます

Google 認証システム

Google 認証システム

Google LLC無料posted withアプリーチ

Google認証のインストールが完了したら、アプリを開いて準備しておきましょう。

バイナンスQRコード

上記の画面になるので、表示されたQRコードを「Google認証のカメラ」でスキャンしてください。

Google認証アプリ カメラ

Google認証を開いて「QRコードをスキャン」という部分をタップすれば、カメラが起動します。

Google認証にはBinance用のコードが表示されます。コードは30秒ごとに更新されるので、手早くコードを入力してください。

ワクト

スマホで設定を進める場合は、表示されたコードを「長押し」してコピーすると、スムーズにいきます。

バックアップキー

バックアップキーはGoogle認証アプリで言うところの「セットアップキー」ですね。

ちょっとアナログですが、紙などにメモしておけばOKかなと思います。

OKなら「次へ」をクリックしてください。

バイナンス Google認証 有効
3つの認証コードを入力する
  1. メール認証
  2. SMS認証
  3. Google認証

ちょっと手間ですが、Google認証の設定には3つの認証コードが必要です。

慌てずに1つ1つ入力していきましょう。終わったら「次へ」をクリックして設定完了です。

ログインなどではGoogle認証が優先されるので、3つの認証コードが必要になることは基本的にありません。

フィッシング対策コード

フィッシング対策コード

フィッシング対策コードの設定です。

フィッシング対策コードを設定しておけば、Binanceからの「設定したコード」がメールに表記されます。これで、Binanceを装った偽物の勧誘メールなどを見分けられるというわけですね。

難しく考えずに設定しておけばOKです。

フィッシング対策コード 説明

簡単な設定なのでサクッと終わられましょう。「フィッシング対策コードを作成する」をクリックして進みます。

認証をして進む 

設定の許可を求めるための認証ですね。どっちでもOKです。

ここではGoogle認証で進めます。

フィッシング対策コード 作成

フィッシング対策コードの作成をしていきましょう。

4〜20個の「非特殊文字」とありますが、普通に半角の英数字で作ればOKです。

ワクト

「例:abc12345」みたいな感じですね。

フィッシング対策コード 完了

最後にGoogle認証のコードを入力して完了になります。

出金ホワイトリストの有効化

出金ホワイトリストを有効化しましょう。

「なにそれ?」って思うかもしれませんが、簡単に言うと通貨の出金を制限するためのもの。

出金ホワイトリストを有効化すると、リストに設定した通貨じゃないと出金できなくなります。

また、出金ホワイトリスト24時間制限をONにすると、登録から24時間は出金できなくなります。

出金ホワイトリストを有効化した場合の送金手順
  1. ホワイトリストに通貨を登録する
  2. 登録から24時間は送金できない
  3. 24時間後に送金手続きをする

例えば、購入したビットコインを他の取引所やウォレットに送金するには、まずリストに登録してから24時間待たなくてはいけません。

まぁとにかく設定しておけば安心です。

ホワイトリストを有効化する

それでは出金ホワイトリストを有効化させていきましょう。「今すぐ有効にする」をクリックしてください。

ホワイトリスト Google認証

Google認証ですね。Binanceのコードを入力して「提出」をクリックしましょう。

ホワイトリスト 有効化 完了

以上で有効化できました。

ただこのままでは送金ができないので、必要な人はホワイトリストの登録をしてください。

ホワイトリスト設定のところの「アドレス管理」という部分から登録できます。

ホワイトリストの記入例
ホワイトリストの記入例
  1. わかりやすい名前を入力
  2. 登録する通貨を選択する
  3. 送金先のアドレスをコピペ
  4. 送金先の名前を選択

画像では、送金先をメタマスクにする場合の記入例を記載しました。

ホワイトリストの部分にチェックを入れて「保存」をクリックすれば登録が完了します。

まとめて追加

複数の通貨を同時に登録することもできます。

ワクト

登録はしなくても、とりあえず有効化しておくだけでもOKです。

任意でOK!セキュリティキーの設定

セキュリティキーの設定

セキュリティキーの設定は「YubiKey」という専用のデバイスを使って、認証を行うタイプのことを指します。

YubiKey端末の価格はAmazonで見ていると、安くても5,000円〜と言う感じ。セキュリティをさらに強化したい人にはおすすめですね。

ワクト

オフラインでログインを管理できるで安心感は違いますね。

BINANCEは本当に日本で使えなくなるの?

BINANCEは本当に日本で使えなくなるの?

Binanceは「日本ではいつか使えなくなるんじゃないか」という噂があるので、不安な人も多いはず。

せっかく登録したのに使えなくなるのはきつい。どうしようか迷いますよね。

ただ、個人的な意見ですが「そこまで気にしなくてもOKなんじゃない?」という結論になりました。

理由は下記になります。

Binanceのこれまでの変化
  • 今でも日本語にも対応している
  • Binanceで取引するには本人確認が必須になった
  • セキュリティ対策も厳重になってきている

Binanceは日本語にも対応しているし、以前よりも本人確認やセキュリティによる「制限」が増えています。

つまりBinanceは、改善してさらに安全に使えるようになってきているということ。

以前は日本語対応をやめていた時期があるんですよ。

Binanceは日本の「暗号資産交換業者」に登録していないため、過去に金融庁から警告を受けています。日本へのサービスは撤退かと言われていたほど。

現在も「暗号資産交換業者」には登録していないので、グレーな状態というわけですね。

もし使えなくなったとしたら取引が制限されますので、他の取引所に送金する手間も増えますしね。

ただ、それでも使うメリットは十分にあると思います。

絶対はないので最後は自己判断になっちゃいますが。

ワクト

僕の判断としては「利用できる限りはBinanceを使い続ける」という感じです。

こちらから申し込めば、当ブログからの紹介コードが付いています。現物取引の手数料が10%OFFになるのでぜひ使ってください。

⬇︎Binanceはクレジットカード入金が便利です

⬇︎Binanceの基本的なトレードを学ぶ

BINANCE

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてください!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

記事の目次