Click >> 初心者が仮想通貨を始めるには?

【簡単】DMMビットコインで現物取引するなら3つのやり方を覚えておこう

DMMビットコインで「現物取引」するにはどうすればいいんだろう。

このような疑問を解決します。

こんな人に向けた記事です
  • 注文方法の違いがよくわからない
  • お得に購入できる方法を知りたい
  • とにかくよくわからない

結論から言うと、DMMビットコインでは3つの注文方法を使い分けましょう。

DMMビットコインに取引所はなく、通貨の購入・売却は販売所のみになりますので「手数料(スプレッド)」に大きな違いはありません。

なので基本的な注文方法を3つだけ覚えておけば問題なし。

ワクト

取引の操作もめちゃくちゃ簡単ですよ。

記事の目次

DMMビットコインで仮想通貨を購入する3つの方法

DMMビットコインで仮想通貨を購入する3つの方法

DMMビットコインではまず、次の3つの注文方法を覚えておきましょう。

スクロールできます
DMMビットコインの注文方法おすすめ度取扱通貨最低取引価格(BTC)購入手数料特徴
指値注文・逆指値注文(4.5)6種類BTC:0.0001〜無料(スプレッドが発生)指定した金額で自由に取引できる
ストリーミング注文所(4.0)6種類BTC:0.0001〜無料(スプレッドが発生)金額や数量を入力するだけの簡単に取引ができる
BitMatch注文(4.5)6種類BTC:0.010〜BTC:0.001 / 2円スプレッドを抑えた取引ができる、操作も簡単

この中でも「指値注文・逆指値注文」と「BitMatch注文」をメインに使っていくことになるでしょう。

ちなみにDMMビットコインでは販売所しかないため、全ての取引にスプレッドが発生します。

スプレッドというのは、仮想通貨の売値と買値の差額のこと。差額が大きいと、通貨を購入・売却するときに不利になります。

取引にかかる手数料は無料ですが、スプレッドの影響で購入・売却価格が変化すると覚えておきましょう。

ワクト

それではまずそれぞれの特徴について解説します。

スプレッドの詳細については【必読】販売所と取引所の違いを知って仮想通貨を”お得に”購入しようをご覧ください。

指値注文・逆指値注文

相場を見て自分で金額を決めて購入するオークションのような購入方法です。

指値注文・逆指値注文詳細
メリット自分の好きな価格を設定できる
デメリット慣れるまで少し面倒
取扱通貨
(6種)
BTC、ETH、ETC、BCH、LTC、XLM
取引価格
(最低値)
BTC:0.0001〜
手数料無料だけどスプレッドがかかる
おすすめ度(4.5)

また、DMMビットコインには「指値注文」と「逆指値注文」があります。

指値注文・逆指値注文(買い注文の場合)
  • 指値注文→現在のレートより低い価格で注文する場合
  • 逆指値注文→現在のレートより高い価格で注文する場合

買いのときは安く購入し、売りのときは高く売却するのが理想。その取引方法を「指値取引」と言います。

「逆指値注文」はその逆で、買いのときは高く購入し、売りのときは安く売却すること。

「いや、意味わかんないんだけど。」と思うかもしれませんが、あんまり難しく考えなくて大丈夫です。

指値 注文不可

「指値」を選んだときにレートよりも高い価格の「買い注文」は出せません。

こんな感じで注文方法にあった価格を入力しないと、取引が進まないようになっています。

また、注文後は仮想通貨のレートが指定した価格にならないと取引が成立しません。

なので、あまり相場とかけ離れた金額を指定すると、注文が確定するまで時間がかかります。相場の状態によってはいつまでも確定しない。

チャートを見ながら買うタイミングを決めるときは、この指値・逆指値注文を多く使います。

ワクト

チャートを予想し、狙ったタイミングで買う方法ですね。

ストリーミング注文

ストリーミング注文は現在の価格でそのまま購入する方法。とにかくシンプルで簡単です。

ストリーミング注文詳細
メリット操作、購入手順がとにかく簡単
デメリット細かい設定ができない
取扱通貨
(6種)
BTC、ETH、ETC、BCH、LTC、XLM
取引価格
(最低値)
BTC:0.0001〜
手数料無料だけどスプレッドがかかる
おすすめ度(4.0)

シンプルなのでメイン使いになりそうですが、取引する前にスプレッドを必ずチェックしておいてください。

STモード
STモード

上記の画像を比べると、購入価格のほうが高くなっているのがわかりますか?

キャプション
  • 現在の価格:5,530,162円
  • 購入価格:5,582,559円

差額:52,397円

取引状況によってスプレッドの値が変わってくるので、購入時は常にチェックしておきましょう。

ワクト

買い増しするときにサクッと買えるのが楽ですね。

BitMatch注文

BitMatch注文は、ストリーミング注文よりもスプレッドを抑えて購入できる方法。

購入する手順は一緒なので難しくはありません。

BitMatch注文詳細
メリットスプレッドを抑えられる
デメリット手数料がかかる、最低購入価格が高くなる
取扱通貨
(6種)
BTC、ETH、ETC、BCH、LTC、XLM
取引価格
(最低値)
BTC:0.010〜
手数料BTC:0.001 / 2円
おすすめ度(4.5)

BitMatch注文は、簡単に言うとスプレッド(売値と買値の差額)の中間金額で購入できるもの。

DMM独自の方法で、売り手と買い手をマッチングさせることで「スプレッドを抑えて安く取引できるメリット」があります。

BitMatch注文:OFF
BitMatch注文:OFF
BitMatch注文:ON
BitMatch注文:ON

上記の画像を見ると、価格が少し安くなっているのがわかるはずです。

BitMatch注文の注意点
  • 30秒という制限がある
  • 最低購入価格がBTC:0.010〜
  • 購入手数料がかかる

30秒間以内にマッチングしなければ、取引は無効になります。

また、市場価格が急激に大きく変動しているときは、中間金額から外れた価格で成立することもあるので注意が必要です。

ワクト

簡単だけど、価格変動が激しいときはリスクもあると覚えておきましょう。

DMMビットコインで実際に仮想通貨を購入してみよう

DMMビットコインで実際に仮想通貨を購入してみよう

DMMビットコインで購入する方法を画像付きで解説していきます。

ワクト

どれも簡単なのですぐに覚えられるはずです。

口座への入金がまだ済んでいない人はこちらの、DMMビットコインでクイック入金を利用する手順をご覧ください。

指値・逆指値注文で購入する手順

アプリ トップ

指値・逆指値の注文方法は基本的に同じ手順になります。

まずはアプリトップから「トレード」を選択してください。

指値注文へ

上記の画面になるので、真ん中にある「指値・逆指値」をタップして、画面を切り替えます。

指値注文 注文レート

執行条件が指値になっていることを確認し「注文レート」をタップしてください。

指値(買い)の場合は、右上に表示されている現在の価格よりも「低い価格」しか設定できないので注意してください。

売りの場合は、逆に現在の価格よりも高く設定しないと注文が通りません。

指値注文 注文レート 入力

ここでは仮に「5,300,000」と入力しました。

入力したら右下の「設定」をタップしてください。

指値注文 確認画面

「注文数量」と「注文レート」が問題なければ、確認画面をタップして次に進みます。

指値注文 確定

「注文」をタップして完了です。

指値注文 確定待ち

指定したレートに下がるまでは取引が確定しないため、注文状態が表示されています。

あとはレートがどう動くかなので、特にすることはありません。あまりにも確定しない、もしくは「上げ」のほうに進んだら注文を取り消しましょう。

現在の注文を取り消したい場合は、表示されている部分をタップします。

注文取り消し

このまま「注文変更・取り消し」をタップします。

注文取り消し 確認

ここではレートの変更もできるので、価格を変更してもう少し様子をみるのもあり。

取り消す場合は「取消確認」をタップしてください。

注文取り消し 確定

「注文取消」をタップすれば完了です。

逆指値

逆指値についても簡単に解説します。

逆指値(買い)の場合は、右上に表示されている現在の価格よりも「高い価格」しか設定できないので注意してください。

売りの場合は、逆に現在の価格よりも低く設定しないと注文が通りません。

逆指値 注文レート

注文レートを入力したら「設定」をタップします。

逆指値 注文確定

最後に「注文」をタップして完了です。

ワクト

ややこしい部分もあるかもしれませんが、使っていけばすぐに慣れます。

ストリーミング注文で購入する手順

EXモード
EXモード
STモード
STモード

ストリーミング注文は「EXモード」と「STモード」の2つのモードから注文できます。

STモードは機能を最小限に抑えたシンプルなモード。アプリのアップデートで新しく追加されました。

STモードはシンプルだけど注文方法がストリーミングのみ。指値やBitMatch注文をする場合は、EXモードに切り替えましょう。

モードを切り替えるには(メニュー)」をタップすれば簡単に切り替えができます。

モード切り替え

ストリーミング注文だけならSTモードでOKです。

EXモードでのストリーミング注文

ストリーミング注文では、次の3つさえ入力すればOKです。

ストリーミング注文で入力するもの
  • 買い・売りの選択
  • 注文数量
  • スリッページ

スリッページとは、購入する価格に生じる誤差の許容範囲のこと。

スリッページが「5」なら、誤差が出ても「5円まで」に収まります。

ワクト

「注文」をタップしたら即確定するので注意してください。

STモードでのストリーミング注文

STモード トップページ

次はSTモードでの注文方法。こっちはめちゃくちゃ簡単です。

購入する通貨を上記の中から選んでタップしてください。

STモード 購入

「購入」を選んで次に進みます。

STモード 注文

ここでは購入する分を日本円で入力すればOKです。

赤枠の中の「↑↓(矢印)」をタップすると数量入力にも変更できます。

STモード 購入確定

希望する金額を入植したら「買い注文にすすむ」をタップして購入完了です。

残高に残っている範囲内しか購入できませんので、残高には注意しておきましょう。

ワクト

とにかくシンプルで使いやすい。

BitMatch注文で購入する手順

BitMatch注文は、ストリーミング注文の画面から進んでください。

「BitMatch:OFF」をタップすればすぐにBitMatch注文に切り替わります。

画面に「BitMatch:有効期限 30秒」となっていればOKです。

数量を入力して「注文」をタップしたら取引が完了します。

マッチングしなかった場合は取引も成立しません。また、取引の流れが大きく激しいときは、うまく機能しない場合があるので注意してください。

ワクト

スプレッドが低くなるのは嬉しいですね。

DMMビットコインは手順がシンプルでわかりやすい

DMMビットコインで仮想通貨を購入する手順は、めちゃくちゃ簡単。

DMMビットコインはこんな人におすすめ
  • サクッと購入したい
  • 難しい操作は苦手
  • できればお得に購入したい

仮想通貨を始めるに当たってぶつかるのが購入方法の壁。なるべくシンプルじゃないと、使いにくいんですよね。

DMMビットコインなら、早くてシンプルな取引がお得にできちゃいます。

ワクト

このシンプルな操作に助けられました。

⬇︎口座開設がまだ済んでいない人はこちらから

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてください!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


記事の目次
閉じる