Click >> 初心者が仮想通貨を始めるには?

コインチェックへの入金は約15分で完了|楽天銀行でサクッと済ませました

コインチェックへの入金手順を画像付きで解説します。

楽天銀行からの振込で、コインチェックへの入金完了まで約15分で済みました。

なおこの記事で紹介する手順は、下記の状態での操作になりますので注意してください。

前提条件
  • コインチェックの口座を開設済み
  • 楽天銀行を所持・入金済み
  • 上記のアプリをインストール済み

楽天銀行なら1回の振込に145円の手数料がかかります。

コインチェックの口座開設は【無料】コインチェックで口座開設する手順|10分あればOKをご覧ください。

その他の銀行からでも手順は似たような感じになるので、ぜひ参考にどうぞ。

ワクト

簡単な操作なのでサクッと終わりますよ。

⬇︎アプリはこちらからインストールできます

コインチェック-ビットコイン/仮想通貨(暗号資産)取引アプリ

コインチェック-ビットコイン/仮想通貨(暗号資産)取引アプリ

Coincheck, Inc.無料posted withアプリーチ

楽天銀行

楽天銀行

楽天銀行株式会社無料posted withアプリーチ

記事の目次

コインチェックの口座に銀行振込する方法・手順

コインチェックの口座に銀行振込する方法・手順

コインチェックへの入金手続きは下記の流れになります。

コインチェックの入金手順
  1. コインチェックアプリを開いて「ウォレット」を選ぶ
  2. 「GMO」か「SBI」を選択して入金先の情報を確認
  3. 楽天銀行アプリから振込の手続きをする

楽天銀行アプリでの操作がメインになるので、①、②の操作はすぐ終わります。

①:アプリを開いて「ウォレット」を選択

アプリ トップページ

まずはコインチェックのアプリを開いて「ウォレット」をタップしてください。

アプリ ウォレット

上記の画面にある「入出金」をタップ。

入金 クリック

次は「入金」を選んで入金先を確認しましょう。

②:「GMO」か「SBI」を選択して入金先の情報を確認

銀行選択

コインチェックでは「GMOあおぞらネット銀行」か「住信SBIネット銀行」に振り込みをします。

コインチェック GMO
コインチェック 住信

ここでは振込先を確認するだけでOK。

上記の情報をメモしておくと、楽天銀行から振込するときにスムーズに進みます。

どちらを選んでも問題なく入金んできますが、楽天銀行を使っているのなら「GMOあおぞらネット銀行」がおすすめ

理由は、住信SBIネット銀行だと入金のときに少し手間が増えるからですね。

住信SBIネット銀行の場合は振込名義の前に「ユーザーID」を入力しなくてはいけません。

ワクト

次は楽天銀行アプリの操作になります。

③:楽天銀行アプリから振り込みをする

楽天銀行 アプリ

ここからはコインチェックアプリで確認した「入金先の情報」を入力していきます。

まずは楽天銀行アプリのトップページで「振込・振替・送金」を選んでください。

振込 クリック

次は「振込する」をタップしてください。

楽天銀行 新規振込

「新規振込」を選んで振込先の情報を入力していきます。

1度振込をすると登録できるし、履歴にも残るので次回からの入金はもっと早くなります。

住信SBIネット銀行の場合は、依頼人名の前に入力する「ユーザーID」が履歴に残らないため、毎回入力しなくてはいけません。

楽天銀行 金融機関名

まずは金融機関名から入力していきましょう。

金融機関名 選択

ここでは「かな・カナ」の入力のみ対応しています。

ここで「G」と入力しても検索結果にGMOあおぞらネット銀行は出てきません。

支店名選択

次は銀行の支店名を入力します。

支店名入力

ここでも同じように「かな・カナ」で入力してください。

振込情報

次は「振込情報」の入力ですね。

ここで入力する内容は下記にまとめました。

入力する項目入力内容
金融機関※自動入力
支店※自動入力
依頼人名※自動入力
※住信SBIネット銀行の場合は「ユーザーID」を追記
預金科目「普通」でOK
口座番号手動で入力する
受取人※自動入力
振込金額金額を入力する
振込予定日最短 or 指定する
暗証番号楽天銀行の暗証番号
※確認画面で必要

ここで注意したいのが依頼人名の箇所。

GMOあおぞらネット銀行、住信SBIネット銀行のどちらを選ぶかで次のような違いがあります。

依頼人名の記入例
  • GMOあおぞらネット銀行→「タナカ タロウ」
  • 住信SBIネット銀行→「111111 タナカ タロウ」

上記のように住信SBIネット銀行は必ず「ユーザーID+スペース+名前」にしてください。

ワクト

入金に失敗する可能性があるので、入力内容はしっかり確認しましょう。

暗証番号入力

入力した内容に間違いがなければ、楽天銀行の4桁暗証番号を入力して「振込実行」をタップ。

次回のために「この振込先を登録する」にチェックを入れておきましょう。

振込予約

これで入金の手続きが完了しました。

ワクト

あとはコインチェックに反映されるのを待つだけ。

楽天銀行アプリ経由での入金にかかる時間は平均15分〜20分

予約完了メール
コインチェック 入金完了

上記の場合は「振込受付〜入金完了」までちょうど15分。

今のところ平日(土曜含む)では15分〜20分日曜日(夜)の場合は、翌月の朝に入金となりました。

基本的に15分ほどで完了するので、今のところクイック入金は使っていません。

楽天銀行なら145円、クイック入金なら3万円以下でも770円の手数料が発生します。

ワクト

よほど急ぎでない限りはクイック入金は不要。

コインチェックへの入金は銀行振込がおすすめ

コインチェックへの入金方法は3つありますが、銀行振込がおすすめです。

コインチェックへの入金方法
  • 銀行入金(今回紹介した方法)
  • コンビニ入金
  • クイック入金

それぞれの詳細は下記の表をご覧ください。

スクロールできます
入金方法手数料反映時間
銀行振込・無料(各銀行の振込手数料が発生)平日:15分〜20分
日・祝日:翌日以降
コンビニ入金・3万円未満:770円
・3万円以上30万以下:1,018円
即時反映
クイック入金・3万円未満:770円
・3万円〜30万まで:1018円
・50万円以上:入金金額×0.11%+495円
即時反映

銀行振込の反映時間は実体験にもとにしたものです。

もっと節約したい人は、【破格】仮想通貨の入金手数料をもっと安くしたいなら住信SBIネット銀行をご覧ください!

時間帯や曜日によって誤差はあると思いますが、今のところ平日の銀行振込の反映時間は15分ほどです。

コインチェック用に楽天銀行を用意しておくと、お金の管理が楽になりますよ。

ワクト

入金にかかる費用もバカにならないので、銀行振込を使って節約しましょう。

入金が終わったら次は仮想通貨の購入に挑戦してみましょう。

⬇︎NFTのためにサクッと購入したい人向け

⬇︎コインチェックで仮想通貨を買う方法を解説しています

⬇︎NFTアートをゼロから始める場合はこちら

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてください!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


記事の目次
閉じる